FEZ日記

FEZについてのみの日記。

8月7~8日

今日は部活でPT行動について練習させていただきました。

普段の私は前線のサイドから飛び込む機会とか引くタイミングとか見ていたので、正直な所とても勉強になりました。

なりましたが、慣れるという部分についてはかなり難しそうです。

敵の視線が何かに集中したタイミングでサイドから飛び込む、追撃するならまた跳ねる、それが難しそうなら離脱する。

視線がまだどこかに固まっていないうちにHPの低い敵がいる方へ飛び、HP勝ちをしているならばそこでスマを振り合う。

その後に視線が集まりだしたら崖ステップや敵建築物をターゲットしながら自陣後部へ逃げる。

すごく大雑把ですが、この一連の流れは私が両手をやってたこの半年で得てきたもので、PTでの行動というのはこの動きが通用しないと感じました。

一つの集団で、前に出すぎず、かと言って後ろすぎず、片手のバッシュに食らいつける位置からストスマで入り込み、PTメンバーと歩調を合わせてスキルを選択する。

いまを思えば私はPTを組んでいるからと言って、特段私自身の行動の基準を変えたことはなかったと思います。

そういった意味では今日はすごく新鮮で面白くて未知なる一歩を踏み出した感じはありました。

かなりのお荷物になりましたが…。

 

何に自分が向いているのか、向いていないのかを半年で私は見極めた感じはありました。恐らくですが、私はPTは向いていないのかもしれません…。

もしかしたらその考えは早計なのかもしれません…。

なにせPT行動でのセオリーなんてまだ二か月くらいしか蓄積してないし、さぁこう動いてくれ!って言われても割と自分自身要領が悪い人なのでとてもとてもついていけないかなって思っちゃいます…。

FPはその分とても気楽で良いです。

FPに逃げてるのかなってこの日記を書いてる途中で思っちゃいましたけれど、割とそれはある…かもしれない…かなぁー…。

でも戦争の中で訪れる一瞬のスキルの譲り合いというか、効率よく敵をキルしていくその一瞬、敵をキルへと至らせる連携を見知らぬ人同士でうまく積み重ねていく、というのは可能というかやってきたというか…ただPT行動ではその交差する一瞬に至る過程がソロプレイとは全然違うと感じ…。

 

FEZを初めて約半年。

私が得てきたものは私が自分勝手に行動しても効率よく死なずに、できる限りの範囲と、実際に戦場で発生するチャンスを統計的にまとめて、自分勝手に動き回ってもデータ通りに動けば最低限のキルは得ることができるデータだったのです。

それが悪いことかどうかは今の私には判断がつきませんが、確かなのは自分勝手に行動する私にとってはとっても有用なデータです。

なんだか…それまで自分が大好きだった作品の中に存在するふとしたシーンに隠された作者の暗いエゴに気づいちゃった感じですごく気持ち悪い…。

そろそろ…そういう悩みについてはっきりとさせる時が来たのかもしれませんね…。